Professioal No.01

―今道さんのビジネスについて教えてください。
投資用の不動産の区分販売です。

―区分というと?
マンション一棟ではなく、マンションのひと部屋(区分)を個別に販売する事業メインに行っております。

私と出会ってプレゼンテーションなり説明を聞いていただいてマンション経営に始めて出会われたっていう方がたくさんいらっしゃるので、「本当はいいもの」だとか「ちゃんとやれば素晴らしいもの」なんだよという事をしっかりと伝えていく事で業界全体の発展にも微力ながら貢献していければと考えております。

―今道さんの強みや特徴を教えてください。
はい。弊社では物件の販売在庫を

一切もちません。その時その時で市場にある物件をオーナー様へお届けする事ができます。
逆にですが物件の在庫を抱えている会社の場合は、どうしても会社の都合でその在庫を販売しないといけない場合があるんです。そうすると、私も過去勤めていた会社で経験があるのですが、どうしても「今月中にこれを売ってこい」と会社から言われる場合があるんですよ。そうするとちょっと「この物件どうかな?」と私が思っていてもお客様に勧めなければならないという事が正直あったりします。
今はそういう事はなく、このお客様はこの物件がいいというものを自信を持ってお勧めする事ができます。これが弊社の強みですね。

―いま一番力を入れている事は何ですか?
今はほぼ単独でいろいろな方から紹介を頂いて販売するって事をやっているのですが、個人だけの力で販売をしていくよりも仲間と販売していく形でビジネスを拡大していきたいです。
あとは不動産投資とかワンルームマンション投資って言うと世間一般的にはネガティブなイメージを持つ方が結構多いです。

Professioal No.01

―今道さんのビジネスについて教えてください。
投資用の不動産の区分販売です。

―区分というと?
マンション一棟ではなく、マンションのひと部屋(区分)を個別に販売する事業メインに行っております。

私と出会ってプレゼンテーションなり説明を聞いていただいてマンション経営に始めて出会われたっていう方がたくさんいらっしゃるので、「本当はいいもの」だとか「ちゃんとやれば素晴らしいもの」なんだよという事をしっかりと伝えていく事で業界全体の発展にも微力ながら貢献していければと考えております。

―今道さんの強みや特徴を教えてください。
はい。弊社では物件の販売在庫を

一切もちません。その時その時で市場にある物件をオーナー様へお届けする事ができます。
逆にですが物件の在庫を抱えている会社の場合は、どうしても会社の都合でその在庫を販売しないといけない場合があるんです。そうすると、私も過去勤めていた会社で経験があるのですが、どうしても「今月中にこれを売ってこい」と会社から言われる場合があるんですよ。そうするとちょっと「この物件どうかな?」と私が思っていてもお客様に勧めなければならないという事が正直あったりします。
今はそういう事はなく、このお客様はこの物件がいいというものを自信を持ってお勧めする事ができます。これが弊社の強みですね。

―いま一番力を入れている事は何ですか?
今はほぼ単独でいろいろな方から紹介を頂いて販売するって事をやっているのですが、個人だけの力で販売をしていくよりも仲間と販売していく形でビジネスを拡大していきたいです。
あとは不動産投資とかワンルームマンション投資って言うと世間一般的にはネガティブなイメージを持つ方が結構多いです。

実際のお客様のエピソードをお話ください。
2つお話させていただければと思います。

1つ目は某上場企業勤務のお客様の話ですが、その方は退職金を毎月の給与として先にもらっていて、会社からは「退職後に向けてご自身で運用してくださいね」って形だったんですね。

なので、その方は何かしら運用をしなければいけなかったのですが、毎日お仕事を一生懸命やらなければならなくて投資とか運用について調べたり考えたりする時間が無く、知識がほぼ無い状態だったんですね。

そんな中ご提案に伺ったのですが、まずは「保険」と「預貯金」と「不動産」という資産三分法のご説明をして、その3つのバランスをうまくとりながら運用しませんか?という提案を致しました。その中の「不動産」の部分を私がアドバイスさせていただいて「保険」とかの金融商品については、チームを組んで一緒に仕事をしている仲間がいますのでそのスペシャリストをご紹介して・・・という形で私を含めたそれぞれのスペシャリストからアドバイスを受けてその方の運用が現在うまくいっているということで非常に満足してもらっているというケースです。

もう一つの例ですが、とある上場企業にお勤めで娘さんが3人いらっしゃる方のケースです。その方は生命保険にたくさん入っていて月々保険料を9万円払っていたんですね。高額な保険料を払っていたのですが、その方の保険の見直しとしてマンション経営を提案させてもらいました。

結果としては月々の保険の掛け金が3万円まで下がりまして、で保障は従来のものより手厚くする事が出来ました。

生命保険の見直しとしてマンション経営を組み込むと月々の支払を下げてさらに保障を上げる事ができるとういう話なので「ホントなの?」って最初はなりましたが、実際に保険の中身を見せてもらって具体的に提案すると「いいね」と言っていただけました。

ちなみに不動産が保険になるっていう仕組みがよく分からないのですがザックリご説明いただけますか?
はい。ご存知ない方も多いとは思いますが、不動産のローンを組む時に「団体信用生命保険」という保険に加入するんですね。その保険は何かというとローンを組んでいる方が万が一亡くなられた時にそのローンが無くなりますよって保険です。当然ですが不動産のローンは無くなるけど不動産から得られる家賃収入は残ります。その家賃収入は誰が受け取るかというと遺族の方に入ってくるんです。こういった保険の残し方もあるよって事を意外とみなさんご存知ないんですね。でも知っていただいて実際にシミュレーションしてみると先程の話のとおり保険料を下げて保障を上げる事も可能なんです。

逆に不動産投資をやらない方がいいってパターンはありますか?
一攫千金を狙う方にはおススメしません。1年とか3年とかの短い期間で大きな儲けを狙うような方です。

不動産投資は地道にコツコツと資産を増やしていくという考え方があっていると思います。

今道さんの略歴をお話ください。
不動産投資業界は26歳からですね。今42歳なので16年やっています。

私は大学卒業後にスポーツジムのインストラクターとして働いていました。スポーツジムっていろんな方がくるんですよね。午前中はご高齢の方が多くて、日中は主婦の方、夜は働いている方が多い感じです。その夜に来るお客様たちは投資とか運用の話をする方が多かったんですね。当時の私は筋トレしか興味無かったのですが、そのお客様方から「今道君も投資とか運用とかちゃんと勉強したほうがいいよ」とよくアドバイスされまして・・・そこから少しずつ興味を持つようになりました。自分で調べていく中で不動産投資というものも興味が出てきました。それと正直な話インストラクターの給料ってそんなに良くは無かったので不動産業界に転職すれば投資の知識も得る事ができるし給料も上がるだろうと多少はよこしまな気持ちもありながら不動産投資業界に転職したのが26歳の時です。

今までの人生で一番影響を与えた事や人物は?
私は父親です。

私の父親はサラリーマンでもう定年退職して静かな老後を送っているのですけども、私が子供の頃はサラリーマンの父親の事をすごくかっこ悪いと思っていたんですね。その頃の私はプロ野球選手とかミュージシャンとかを目指していたので・・・でも自分もいい年になって家庭も持つようになった時にサラリーマンをやりながら家庭を守ってきた父親はカッコいいなという風に変わってきまして、そこからなんですが父親からの言葉がどんどん自分の中に入ってくるようになりまして・・・「成功はみなさんのおかげ、失敗は自分のせい」というこの格言について父親の実体験に基づいた生きた言葉としていろいろな話を聞かせてもらいました。

今まで苦労した事や失敗した事を教えてください。
インストラクターから投資不動産業界に転職した時です。不動産を勉強するのは当然ですが、保険、年金、税金、金融とかいろいろなジャンルを勉強しなければならなかった時はつらかったです。

その後も営業で売れないって時期もありましたが、諸先輩方に支えてもらえて何とか自分ひとりで一通り出来るようになりました。その時期に苦労した事で今があると思っています。

今の問題点や課題点があれば教えてください
今はほとんど一人でやっているので自分で組織を持ってやっていきたいです。そのためのスタッフを増やしていきたいと思っています。

自分が過去に上司や先輩に道を開いてもらったように私も若いメンバーたちの道を開いていって組織を大きくしていければと思っています。

最後に一言ありますか?
「マンション経営」や「不動産投資」が分からないという方はたくさんいらっしゃると思います。是非一度、私のプレゼンテーションやセミナーを聞いていただいてどういうものなのかを知っていただいてご自身に合うか合わないかを判断をしてもらいたいです。

興味は無いけど聞いてみてもいいかなって方でも大歓迎ですのでよろしくお願いいたします。

出身:滋賀県

休日の過ごし方:子供と公園で遊んでいます。

座右の銘:成功はみなさんのおかげ、失敗は自分のせい

お勧めの本:星の王子さま

好きな食べ物:寿司、グラタン

嫌いな食べ物:辛い物

よく飲むお酒:ビール、ウィスキー

尊敬する人:父親